カテゴリ:マウントアダプター( 17 )
マウントアダプター、比べてみた。
KIPON製のC/Y-NEX(9720円)とRAYQUAL製CY-SαE(20520円)の2つのアダプターがあり比べてみた。左が、KIPONで右がRAYQUAL製である。
d0349141_23452369.jpg
d0349141_23452666.jpg
d0349141_23453010.jpg
作り方が全然違う。一番の違いは、ビスの数とハレーション切れの対応だ。
マウントのぐらつきは、個体差もあるだろうから一概には判断(前日投稿済)できないが、見た目のビスの数の少なさは強度に関して、ハレーション対策がされているRAYQUAL製は信頼の高さが伺える。
値段も倍以上違うので、無理をしてもRAYQUAL製を私はお勧めする。

[PR]
by sarutv | 2017-02-20 09:26 | マウントアダプター | Comments(2)
ライカM→SONY eマウント アダプター

SONYのα7シリーズに、ライカMレンズを付ける為のアダプターに下記の商品がある。
・COSINA Voigtlander VM E-Close Focus Adapter
話題のフルサイズEマウント機にVoigtlander VM、ZEISS ZMレンズを装着し、無限遠から撮影できるアダプター。
繰り出しストローク4ミリのヘリコイド操作により、レンズ本体の最短撮影距離から“さらに近づいて”撮影することが可能になりました。(操り出し量4mm

d0349141_07484773.jpg

             希望小売価格(税別):¥36,800円

・SHOTEN LM-SE M ライカM→SONY Eマウント ヘリコイド付

ヘリコイド部分の精度向上と耐久性が高くなりました!
ヘリコイド付き仕様(操り出し量6mm)シルバーとブラックの2タイプ

d0349141_07485115.jpg
            希望小売価格(税込):¥21,500円
SHOTENは、Voigtlanderより1万5千円程安く発売されるそうだ。ヘリコイドのロック部分はどうなっているのか見てみたいものだ。
やはり、後発商品は改良されて安く出してくるんですね。

 


[PR]
by sarutv | 2017-02-05 08:01 | マウントアダプター | Comments(0)
VILTROX EF-NEX II Adapter経由で撮影!
先日のオープンスクールにて、α7ⅡにVILTROX EF-NEX II Adapter経由でCanon EF24-70mm F2.8L を、取り付けて撮影してみた。このアダプターは、ネットですと1万円程であるが中古市でGETした物。
取りあえず、SONYの純正レンズが無いので代用という位置づけだ。
d0349141_23112202.jpg
この手のアダプターの各社のテストは過去に行ったことがある。過去ブログ参照☞(http://sarutv.exblog.jp/22807418/
d0349141_23175339.jpg
今回、上記スタイルで本番撮影という事になる。フォーカスは基本、宛にしていないのでフォーカス合致速度の遅いのは気にしない。だが、内面反射処理がメタボーン製のように、植毛処理されていない。
逆光の際は、もろ影響を受ける。
d0349141_21563062.jpg
上記写真ではわかりずらいが、奥が窓で外光が入る状態。フード等で光源をシャッターするのが一番ベストであるが、出来ない場合このようなハレが目立つ。MetabornesのVer4であればかなり軽減されるのは、テスト済みであるが、結構いい値段するのである。
このまま、我慢して使うか、Ver4を入手するか迷うところである。

[PR]
by sarutv | 2017-01-29 22:14 | マウントアダプター | Comments(0)
久々に.....CONTAXに熱はいるか!!!
今日は、明け勤務。午後、新宿へ行った。
d0349141_22550918.jpg
        ▲α7Ⅱ+Summaron 35mm f2.8 f/5.6 SP1/160 ISO100
懐かしい通りを通ったが、名前は変わっていた。この道を歩くのは、何年ぶりになるのだろうか?
仕事が終わってから、この付近で飲み歩いたもんだ。あの頃は、若かったんだな~~。と思いつつ
行先は、CONTAX専門店。カメラの極楽堂さんだ。
d0349141_22553470.jpg
       ▲α7Ⅱ+Summaron 35mm f2.8 f/5.6 SP1/160 ISO100
東京に出てきて数年は、まだこの店は無かった。知ったのは、中判のデジパックを取り
扱う頃であり今日で3回目の訪問。
フィルム撮影時は、CONTAX機材レンズで良く撮影したもんだが、今は遠ざかって
しまった。
自分の性格は、わかっているつもりでいるが、熱しやすく冷めやすいのだろうか?
もしかして、人の影響も受けやすいのだろうか......。いずれにせよ、入店してから
店員さんと数時間の談笑をしてきた。そんな中で、ZEISSユーザーが訪れて数本
お買い上げ。まだまだ、人気があると感じた。
 
 そんな雑談の中で、気になる機材があったのでリポート。
私が愛するマウントアダプター。紹介アダプターは、Pixco L/M-NEX/Mである。
d0349141_23421252.jpg
ヘリコイド付きで、VOIGTLANDER Close focus Adapterと比べると、倍以上突起する。
実写してみると........。
まずは、VOIGTLANDER Close focus Adapter+Summaron 35mm/f2.8
d0349141_23471404.jpg
       ▲α7Ⅱ+Summaron 35mm f2.8 f/2.8 SP1/60 ISO250
次に、Pixco L/M-NEX/M++Summaron 35mm/f2.8
d0349141_23472349.jpg
       ▲α7Ⅱ+Summaron 35mm f2.8 f/2.8 SP1/60 ISO500

総評として、造りの良さはVOIGTLANDERに軍配が上がる。
Pixcoは、マクロリングのロックボタンが無いので、無限遠の際に気になる。
最短距離が1mでどうしてもマクロ系を思いっきり生かしたい場合は、Pixcoになる。
価格も1万円前後での店頭販売なので安心かもしれない。
自分が感じたことを記載しているので、参考程度で見て頂ければ幸いである。

[PR]
by sarutv | 2016-12-06 23:57 | マウントアダプター | Comments(0)
試撮!
VILTROX EF-NEX II Adapterを使って、α7 II (ILCE-7M2) ボディに、キャノンEFレンズ(エクステンダー EF2X II+EF70-200mm F2.8L IS USM)を付けて試撮りをしてみた。
実装スタイルは、
d0349141_23273754.jpg
手持ちで、子供のサッカーの練習の様子を撮ってみた。
d0349141_00064767.jpg
400mm相当になる。α7Ⅱのピーキングを強くしてみたが、全然フォーカスが来ていない。EFVファインダーの為、かなり目は疲れる。
同じグランドで遠くにお兄ちゃんが練習中なので、狙ってみた。
d0349141_00092857.jpg
遠距離のほど、フォーカスリングの移動量が少ないので、まあまあかな。
いずれの撮影も、マニュアルにてフォーカス合わせを行っている。
基本、ボデイがEOS-1DsMarkⅡでも製品が古くフォーカス合わせが遅い為、マニュアル操作である。
アダプター介してのAFは、まったく使えない。相手が動いている場合は、常にフォーカスがボケている状態である。勿論、AFに期待はしていない。
最大の目的は、キャノンボディのサブになればいいかなと、単純な動機での導入である。そういった意味では、日差しの強い日での撮影でないので、フレアやゴーストの状況までは、確認できなかった。
寧ろ、Exchangeable image file format(Exif)、写真メタデータが情報の絞り情報まで入るので楽になった。(上記写真右下の情報)
いずれにせよ、エクステンダー EF2X IIを噛ましている時点で、解像度は低下している。子供の写真は、多少解像度を犠牲にしても大きく写ればいいかなと、言いきかせている状態である。
サッカーの試合では、2台体制で行える為レンズ交換回数も減るので、センサーに対してもベストかと思われる。

次回は、やはり事故?った!2/2を記載予定。



[PR]
by sarutv | 2016-10-11 23:29 | マウントアダプター | Comments(0)
やはり事故?った!1/2( VILTROX EF-NEX II Adapter編 )
先日の世界の中古カメラフェア、1日目に顔を出し只では帰って来なかった。
前々から欲しいと思っていたアダクターが、
METABONES メタボーンズ:SONY Eマウント用電子接点付キヤノンEF T Ver4
これって結構、いい値段するんですようね!
そこで、会場にあったのがこれ↓
VILTROX EF-NEX II Adapter
α7 II (ILCE-7M2) ボディに、キャノンEFレンズを付けるアダプター(香港 VILTROX:ビルトロクス社製)

d0349141_23110656.jpg
d0349141_23111158.jpg
d0349141_23111834.jpg
d0349141_23112202.jpg
本来、メタボーン製の物をと思い我慢していたが、ついつい......。
装着してみた。
まずは、CANON EF24-70mm F2.8L USM

d0349141_23175339.jpg
d0349141_23175746.jpg
d0349141_23180147.jpg
どうやら、マウントのぐらつきは無さそうである。認識しているようだ。
アマゾンとかネットで、安く出ているのでお手頃価格製品である。
次に、CANON EF70-200mm F2.8L IS USMを付けてみた。

d0349141_23230785.jpg
d0349141_23231343.jpg
d0349141_23231650.jpg
これも認識しているようだ。
因みに、エクステンダー EF2X IIを噛ましてみたら↓

d0349141_23273297.jpg
d0349141_23273754.jpg
こんな感じである。フォーカス位置が遠くなるので、少し違和感がある。
バランスは良さそうだが、マウント部の強度の信頼性が疑問だ。メタボーン製は、6つのビスで固定されているが、こいつは4つ。三脚座は、ただついているだけの物で上記2本のレンズの使用の際は、不安を感じる。最も望遠ズームにはついているので標準ズームの際は、注意が必要。
勿論、装着写真があるという事は実際のテスト撮影も行っている。
後日、レポートしたいと思う。
過去にも別のマウントアダプターレポートしたのが、↓
http://sarutv.exblog.jp/22807418/

それじでは、お休みします。




[PR]
by sarutv | 2016-10-10 23:49 | マウントアダプター | Comments(2)
三脚座、きた~!
先方よりTELきて明け勤務だったので、ヨ〇〇シカ〇〇へ向かった。
d0349141_16180532.jpg
先日、オーダーした部品が届いていた。オプション品等でなく部品扱い商品なので、簡易包装であった。
早速自宅に帰って、装着してみた。
d0349141_16182589.jpg
ボディVアダプター経由で三脚アタッチメントに取り付けると、重量のバランスを考慮して56Eのパイプ状の所に巻き付け固定。
d0349141_16182381.jpg
問題無さそうである。
d0349141_16182082.jpg
α7Ⅱのボディに取り付ける場合、アダプターの三脚座(左側)は使用しない。マクロ撮影する場合に、今回の三脚座を利用する予定だ。
d0349141_16313647.jpg
上下写真は、α7Ⅱに取り付けた状態である。
d0349141_16313675.jpg
天気のいい日に、外で試し撮影をしてみよう。明日は、休みじゃないから、いつになるか........。
また、CONTAXレンズをα7Ⅱに付けて遊ぶ場合は、下記のアダプターが必要になるが、まだ手元にはない。この場合(Makro Planar T* 2/100 )に必要だ。
d0349141_16373774.jpg
上記は、rauqual(レイクォール)製のアダプターになるが、座が貧弱に見えるのは、気のせいかな?
三脚座付きタイプ TYPE TRIPOD
CY-SαE.T 定価 22,680円(税込)→ 割引価格 16,380円(税込)
今度、買ってみようかな!



[PR]
by sarutv | 2016-10-01 16:33 | マウントアダプター | Comments(2)
LM-EA7
欲しいとは思わないが、ほっとけないアイテム、LM-EA7
d0349141_09124509.jpg

TECHART(テックアート)「LM-EA7」世界初!ライカMレンズでAF撮影できるマウントアダプター。
(ライカMマウントレンズをソニーα「Eマウント」規格のミラーレスカメラに装着する、AFモーター搭載の電子マウントアダプター。)価格は税込み42800円。

d0349141_09164243.jpg
モーター部分が下に突起しているので、自立は厳しそうである。
だが、縦位置グリップ「VG-C2EM」“α7Ⅱ”用を装着すれば問題なさそうである。
ただ、今は在庫切れ中!
最近、ライカレンズを手にいれましたが、このようなレンズは自分でピント合わせをするのが、楽しいのではないか、でも老眼の入った私には少し魅力のある商品かも。
使用可能ボディは、α7RⅡ、α7Ⅱ、α6300の3機種。

焦点工房 [マウントアダプター専門・光学製品の輸入/輸出販売]さんHPより


[PR]
by sarutv | 2016-07-26 09:23 | マウントアダプター | Comments(0)
Voigtländer VM-E Close Focue Adapter を入手
明け勤務で、午後からフリー。
体は、新宿中野方面に向かっていた。
なぜ?
物欲の気持ちを抑えられず.........。
SONY→ライカMマウント、VoigtländerのVM-E Close Focue Adapterを入手してしまった。
d0349141_23252905.jpg
これは、沼への第一歩!!!!!!  非常にヤバいと思いつつ.........。
d0349141_23225594.jpg
くっ付いた。
上記マウントの写真の赤いボタン、ヘリコイドのロック解除のスイッチにより、最短撮影距離が短縮される。便利な機能だ。
撮り比べをしてみた。まずは、通常最短距離撮影0.7m。↓
d0349141_00230942.jpg
続いて、ヘリコイドを動かしての最短撮影距離撮影、およそ0.4m程↓
d0349141_00231467.jpg
ヘリコイドの使用で、写真のイメージが相当変化するのに驚いた。かなり撮影範囲が広がるので、このアダプターは優秀。しかもガタツキも無いし。

やれやれ、そのうち50mmも来る予定だし、M用Summicron 90mm F2も触ってみたがこれもいい感触だった。ふ~~~~~!


[PR]
by sarutv | 2016-06-09 00:33 | マウントアダプター | Comments(2)
マウントアダプターは、やはりCOSHINA ?
先日、某カメラ店にてフルサイズEマウント機にVoigtländerのVM-E Close Focue Adapterを見てきた。
d0349141_12371380.jpg
狙いは、現在あるα7ⅡボディにライカMレンズ、Summaron 35mm/f2.8(1962)を装着して撮影をしたい欲求の下見である。
本来、LEICA Mに装着して撮影できればベストであるが、SONYがフルサイズのミラーレスカメラをこの世に革命をもたらした為、私も一生懸命その波に乗ろうとしています。
ライカレンズは、製造年が長く種類が多い為、豊富な量が存在する。それぞれの描写力は分かりませんが、α7シリーズに装着した場合、かなりコンパクトになりそうなのはメリットが大きい。現在は、
muk LMH-NEX RJ
Kipon LM-NEX/M
SHOTEN LM-SE BK
metabones LM-E

上記、各マウントアダプターは、無限遠から各レンズの最短撮影距離の範囲でマニュアフォーカスでのピント合わせが可能であり価格帯はまちまちである。
私のレンズ最短撮影距離は、0.7mで少し不満があるので、ヘリコイド付きが希望。
純国産品ではCOSHINAのみで、長野県北信をベースに事業所があり、学生時はCOSHINA CT-1Aのボディを使用しお世話になっていた。今では、自社においてEマウント及びVMマウントレンズの製造を行っているので精度的にも信頼度は高い。

今回、KIPONとCOSHINAのヘリコイド付アダプターを実際に手を触れて体験し、ヘリコイドのロック解除のスイッチは、COSHINA製の方が良かった。KIPON製は、レンズ交換時に無限遠にしないとレンズが外れないようだ。

問題はいつ入手するかだ.....。 あ~あ^^ お札がまた遠くへ飛んでいく~~~!!

酒飲みすぎたから、ねーましょっ!
                      おやすみなさい。

[PR]
by sarutv | 2016-06-04 00:45 | マウントアダプター | Comments(2)
  

Zeissレンズを好んで.... 最近は、ライカにも.....
by saruyama
プロフィールを見る