カテゴリ:CONTAX ボディ・その他( 10 )
RTS‐Ⅱ ミラーズレ
先日、CP+において都内のカメラ屋さんが出店してた。
聞くところによると、かなりの古いカメラの修理を行っているようだ。
電車1本で行ける場所だ。
d0349141_22011621.jpg
RTS-Ⅱ(http://sarutv.exblog.jp/22547152/)が、何時もの病気。ミラーズレだ。
最近、数年シャッターも押していないボディであるが、そのままでは気持ち的に嫌なので修理に出すことにした。
開拓したお店の腕前の確認。ミラーズレ程度であれば、何処でもできるでしょうが技術を確認したいためお願いした。

d0349141_22011271.jpg
    ▲α7Ⅱ+Summarit 50mm F1.5  f4.0 SP1/500 ISO1/100
昨日、次男を負ぶったせいで強烈に腰が痛い。立つのが大変。明日から仕事だ~!ヤバいな。

[PR]
by sarutv | 2017-03-07 22:07 | CONTAX ボディ・その他 | Comments(2)
Carl Zeiss レンズ
先日、CONTAX Planar T*55mm F1.2 MM を使用した際に、気が付いた事がある。
少し、レンズ内が汚れていた事だ。
現在Carl Zeissの製品は、コシナと共同開発した1眼レンズは、
「Milvus」
「Otus」
「Classic」
「Batis」
「Loxia」
「Touit」とある。
私が特に興味があるレンズは、Carl Zeiss Otus 85mm F1.4 APO Planarだ。CONTAX Planar T*55mm F1.2 MM をOtusに変更したいが.........。
d0349141_00372425.jpg
ところで、今のZeissレンズはCOSINAで製造されている。
幾つか事業所があるが、溶解→研磨→コーティング→組み立ての作業は、長野県北部地方を拠点としている。私の実家のそばである。
また、私の勤務地近くに、カールツァイス株式会社東京本社(新宿区本塩町22番地)がある。(いつかは訪問したいと思っているが、なかなか....)
d0349141_00461721.jpg
だが、ここではコンタックス時代のC/Yレンズの修理の受付とかは、していない。残念である。昔、修理の作業は、長野県諏訪地方にサービスステーションがあり、そこで行われていた。元々は、富岡光学になりますが、今はそれも解体し現在修理受付は、リペアサービス諏訪が継承している。

古い工業製品を持つと、いろいろ大変である。


[PR]
by sarutv | 2016-07-05 00:57 | CONTAX ボディ・その他 | Comments(0)
手放して後悔.....
昔CONTAXを頻繁に利用してた時に、初めて新品カメラを購入した時があった。
それは、コンタックス発売60周年記念として発売されたモデルS2。
d0349141_12164389.jpg
機械式シャッター搭載であった。ただ、自分の使用方法は、モータードライブを使用してので撮影が多く不便を感じて手放してしまったのである。
しかも、そのボディNOはいつも通いなれた店員さんに無理をいって拘った番号をお願いしたボディであった。それが↓
d0349141_12131156.jpg
60周年にかけて、6000番。このカードは、ユーザー登録カードで今でも持っている。
使う使わないはともかく、ボディは手放さなきゃ良かったと後悔している。

この一件があり、手に入れたものは手放さないようにしている。勿論、入手する時も相当考えて手に入れるようにしている。いいものを長く持つ自分の性格だから、物が増えちゃうんだよね。
車だって、もう24年たつし....。 買い替えたいけど~~~😢
d0349141_12292783.jpg
今日も会社に泊まる勤務だから、昼飯だ~べよ!

[PR]
by sarutv | 2016-06-07 12:32 | CONTAX ボディ・その他 | Comments(0)
RTSシリーズ 揃えてみた
今年も、残すところ後2日。
年末まで仕事があり、今日は夕方から出勤、寝ずで明日の早朝の仕事にそなえる。
さ~て、何しようかな~!

CONTAXボディは、買い売り等をして現在 5台所有している。
d0349141_13444677.jpg
2000年以降、世の中デジタルカメラが急速に出回り、最近こいつらのシャッターを
押していない。
今後、こいつらをどうしよう.........?
年末の整理ついでに、防湿庫の掃除をした。
今まで投稿したメンバーを揃えてみた。
また、集合写真も.................... よく集めたもんだ。
d0349141_13443882.jpg
レンズは、また日の明かりを注げる予定だが、下記の写真スタイルでの撮影は
無くなるかもなー。
d0349141_13450913.jpg
いずれ、子供たちが大きくなっても、この機材は使わない事だろう。
切ない気持だ。
今年の投稿をこれで終了。
勿論、CONTAXネタも無くなったので、次はハッセル???

                        CONTAXシリーズ 完


[PR]
by sarutv | 2015-12-30 13:54 | CONTAX ボディ・その他 | Comments(0)
今は、取説しかない! 大後悔.... CONTAX S2
1991年、自分が仕事を変えた年だ。
その記念にと、S2を入手した。
d0349141_13171020.jpg
1992年CONTAXブランド誕生60周年を記念して発売されたモデル。
このカメラは、機械式縦走りシャッターを搭載したマニュアル露出制御専用カメラ。
アカオウ写真のM氏を通して、京セラにお願いしシリアル番号が6に関係する番号で
入荷してと お願いしたところ、何と60000番ちょうど。
メーカー希望価格は、15万円。高かったな~。
何か月所有していただろうか? 1本もフィルムを通さずに、売却してしまった。
何かレンズを買い足しの為に、手放したんだろう。理由は忘れてしまったが、
今となれば 持っていれば良かったと後悔。
電池が無くても機械式カメラだから.........動くもんね..............。


[PR]
by sarutv | 2015-12-22 13:19 | CONTAX ボディ・その他 | Comments(0)
ようやく RTS-Ⅲ をゲットしたのは.......

夕飯も食べて、ブログUP。
そろそろ、ネタも底をついてくるぞ-------------------。 まっ、 いっか~~~~!

CONTAX RTS-Ⅲ(1990年9月発売)は、フィルムを圧板に吸着させ平面性を確保する
RTVシステム(←リアルタイムバキューム)を搭載。

d0349141_23063169.jpg

この機能は、空中写真測量用カメラ(RC-10・RMK等)をセスナ機等に搭載し撮影する
カメラに装備されている機能。(←地図作成の基になる写真データ収集の為のカメラ)
フィルム画郭が23cm×23cmと大判の為、コダックロールフィルムのカールを削除し
平面性を保つための機能である。

d0349141_23064697.jpg

↑リアルタイムバキューム
因みにレンズは、歪みの少ない高解像度ZEISSレンズを搭載している。
(ちょっと余談になってしまった)

その機能をCONTAXに35mmカメラで搭載したのだから、すごい事と当時は感じた。
視野率もRTS-Ⅱの97%から100%に変更になり、最高速シャッター速度も1/2000秒から
1/8000秒に引き上げられた。プラナーレンズを愛用し、開放付近で撮影する事が
多い自分にとっては、大きな魅力であり、金額35万円も魅力であり新品購入には
至らなかった。

d0349141_23064159.jpg
手に入れたのは、発売から6年を経過した2006年である。世間では、オートフォーカス
カメラが多々発売されている時代にマニュアル機の入手。

今まで、使用してきた159MM やRTS-Ⅱに無い機能は、多数(露出測光方式スポット・
自動多段階露出機能・フィルム巻戻しモーター等々)搭載され、運用についても
かなり使いやすいように向上された。シャッター音もおさえられ、チャペル内等でも
顰蹙を買うことが少なくなったと思われる。
ただ、モータードライブも一体化されたのが良いが、フォールディング性は大きな
レンズを装着した場合は、不便を感じた。
マウント部の固定ネジは、RTS-Ⅱの4つから6つになり、強度を増す対応を行って
きた。やはり、大型レンズを装着した場合の強度不安が解消された。
そろそろ、CONTAXのネタ切れになりそうだ~~~~。


[PR]
by sarutv | 2015-12-16 23:14 | CONTAX ボディ・その他 | Comments(0)
CONTAX 159MMは...
1985年2月に発売された159MMは1台あるが、これが壊れたらお別れ。
CONTAX発売50周年記念と言われたこのカメラは、1986年製でもうすぐ
30年前のカメラになる。
RTS-Ⅱは、1982年に発売されその後3年後には、159MMが発売された。
159MMは、コンタックスで初めてシャッター速度1/4000を実現この機種から
プログラム・モードが新設され、レンズもそれに対応したMM(Multi Mode)
レンズになっている。(その前はAE。)
最高速1/4000秒の縦走り金属シャッターなどの最新機能を搭載し、
シンクロ接点 X接点が1/60秒で同調するRTS-Ⅱからスペックアップし
マニュアル時1/250秒以下に同調し当時としては、うれしいスペック。
ただ、シャッター音が大きいのは、結婚式等では使いずらかった。
明るいレンズが、開放近くで使用する際に大きく活躍したカメラであるが、
予備カメラが無く、このシリーズは1台しか所有していない。
壊れたらどうなるか......不明。
d0349141_21461363.jpg

[PR]
by sarutv | 2015-11-23 21:53 | CONTAX ボディ・その他 | Comments(0)
久々にコンタックス病に出会う
先日、久々に防湿庫からRTS-Ⅱのボディを出してマウントを見てビックリ。
ミラーが下にズレている。
CONTAXのミラーは,接着剤でフレームにとりつけてあり、長年の使用や保管により、
ミラーがボディー前面側にずれている場合がある。これがミラーのズレ。
コンタックスボディ特有の症状で、まさに”コンタックス病”である。
ズレの量が多くなるとレンズの後玉が出ているレンズ、(開放値の明るいフラナー等)
を擦る場合がある。
幸い、先日レンズを取り付けて撮影した際は、傷をつけなくてホッとした。
昔も一度修理を出した記憶があるが、このボディかは不明。
京セラは2005年に写真事業からの撤退を決定し、そして今年の春2015年には
岡谷サービスセンター修理サービスを終了した。
しかし、リペアサービス諏訪(0266-28-6321) 代表原さんが、引き継いで修理を
行ってくれるので、早速修理出しか~。
今回の修理は、新たな両面テープによる固定で済むが、シャッターユニット等が
破損した場合は、サヨナラになる。
今回は、簡単な修理で直ることを期待する。
d0349141_16495690.jpg
現在2台ストック体制だが、いつまでモツかは神のみぞ知る??.....。
ミラーが下にずれているのが、よくわかる。↓
d0349141_16500432.jpg



[PR]
by sarutv | 2015-11-23 10:22 | CONTAX ボディ・その他 | Comments(0)
167MTからRTS-Ⅱ PMD Ver にのりかえ
167MTは、露出補正 ABC機構が備わりシャッタースピードも1/4000と
それなりに使いやすいカメラであった。
1982年に発売されたCONTAX RTSⅡクォーツは、
シャッタースピード最高速は1/2000と167MTより速度は劣る。
当時新品では買えず、8年後に中古で入手した。写真のカメラは、
外付けモータードライブPMD付。(PMDとはProfessional Motor Drive)
1秒間に5コマ(1/2000時)撮影が可能。
ドライブ部分のW-6とパワーパック部分(単3×12本)とで構成し、かなり重い。
167MTに比べ手持ち撮影が多い私にとっては、フォールディングはかなり
重要視する。たとえ1/4000から1/2000にDownしても。プラナーレンズを
使用の際は、開放値で使用することが多い為、不自由しなかった。
d0349141_10065187.jpg

[PR]
by sarutv | 2015-11-17 10:09 | CONTAX ボディ・その他 | Comments(0)
Carl Zeissへの入り口
オリンパスシリーズから乗り換えたのが、CONTAX 167MT。最初は、電子シャッターに慣れず無駄シャッターを押した記憶がある。レンズは、お決まりのPlanar T*85mm F1.4を使用していた。開放絞りでの美しい描写力にほれ込んだレンズの1本である。
数年は、このセットで撮影をしていたがここから、レンズ及びボディが増えていくはじまりであった。最初に購入したボディ(167MT)と85mmf1.4は、今は無い。
      (写真は当時のカタログより)

d0349141_23505437.jpg


[PR]
by sarutv | 2015-11-16 00:16 | CONTAX ボディ・その他 | Comments(0)
  

Zeissレンズを好んで.... 最近は、ライカにも.....
by saruyama
プロフィールを見る