カテゴリ:Distagon CFE40/F4.0( 7 )
風が冷たい
最近の気温の変化についていけない。
d0349141_09341789.jpg
     ▲α7ⅡDistagon CFE40mm F4 FLE  f4.0 1/320 ISO100

[PR]
by sarutv | 2017-02-19 09:36 | Distagon CFE40/F4.0 | Comments(2)
α7ⅡにハッセルブラッドCFE40mm F4 FLEを付けてみた。
中判ハッセルの場合、画面サイズが55.6㎜×55.6㎜、ライカ判だと24㎜×36㎜になる。中判ではライカ判より画面が大きくなるに従い、画面の写る範囲が広くなる。
中判の画面サイズをライカ判(35㎜判)のサイズに比較する際、換算したときの目安が、焦点距離に0.55をかけてあげる。
80㎜の場合⇒44㎜、40㎜の場合⇒22㎜、110㎜の場合⇒60㎜相当になる。
今回は、ハッセルブラッドのレンズをマウントアダプター経由で、α7Ⅱで撮影をしてみた。ハッセルブラッドでは40㎜は広角レンズであるが、α7Ⅱに付けた場合は、35㎜判用レンズSummaron35㎜より撮影範囲は狭い。また、レンズの中心部分のみを使用しての撮影なので、周辺の解像度もすこぶる良好である。
下記写真は、開放で撮影してみたが広角でありながら、自然なボケ味である。
d0349141_22171719.jpg
  ▲α7ⅡDistagon CFE40mm F4 FLE  f4.0 1/? ISO100
では、絞りを入れて撮影してみた。
d0349141_22175140.jpg
  ▲α7ⅡDistagon CFE40mm F4 FLE  f8.0 1/? ISO100
画面隅々までの、細かい描写を再現している。
ただ、この装備では大変重いので、体力を必要とするのが難点だ。それでも、時たまこのようなレンズも使ってあげないと.........。
d0349141_10315207.jpg
一見、望遠レンズの装着に見えるが、ライカ判標準レンズより多少のワイドレンズになる感じである。




[PR]
by sarutv | 2017-02-11 10:34 | Distagon CFE40/F4.0 | Comments(0)
撮り比べ
今日 、午後から出勤。
もう一度、Distagon CFE40mm F4 FLEを使って撮り比べをしてみた。
d0349141_08344210.jpg
        ↑SONY ILCE-7M2(α7Ⅱ)+Distagon CFE40mm F4 FLE
                f11 1/80 ISO100
d0349141_08343986.jpg
       ↑Hasselblad 205TCC+CFV+Distagon CFE40mm F4 FLE
                f11 1/8 ISO100
2枚の色合わせが難しい。
かなりそれぞれの現像ソフト、Capture One 9(SONY)・Phocus3.0の勉強を、しなければななない現象だ。

[PR]
by sarutv | 2016-04-26 08:42 | Distagon CFE40/F4.0 | Comments(2)
Distagon CFE40mm F4 FLE で遊ぶ
今日は、お休みだった。
免許証の書き換えやら病院の通院やらで、一日が過ぎようとしていたが、夕方 Distagon CFE40mm F4 FLE で遊んだ。
d0349141_22243791.jpg
カメラは、SONY ILCE-7M2(α7Ⅱ)とHasselblad 205TCC+CFVだ。
同じレンズで同じ花を撮ってみた。
d0349141_22244388.jpg
        Hasselblad 205TCC+CFV+Distagon CFE40mm F4 FLE
                f4 1/200 ISO100
d0349141_22244608.jpg
        ↑SONY ILCE-7M2(α7Ⅱ)+Distagon CFE40mm F4 FLE
                f4 1/45 ISO100

両方共、開放f4で撮影。左右の長さは、ほとんど変わらない。CFVの方が上下広く写る。下の黄色い花の余白を同じにしたつもりだが、少しズレた。
デジタルの新旧の差が見受けられる結果だ。

こんなテストをしていたら、子供たちが自転車で公園に来た。
せっかくだから、流し撮りの練習被写体で撮影してみた。
d0349141_22245016.jpg
       ↑SONY ILCE-7M2(α7Ⅱ)+Distagon CFE40mm F4 FLE
               f4 1/80 ISO100
d0349141_22245382.jpg
        ↑SONY ILCE-7M2(α7Ⅱ)+Distagon CFE40mm F4 FLE
                f4 1/80 ISO100

同じシャッタースピードの1/80だが、弟はつい最近1人で50m程乗れるようになったばかりで、スピードはほとんど出ていない。
やはり、手持ちの流し撮りは難しい。本来ならもう少しアイリスを絞って撮影したかったが、お遊び撮影なのでOKとした。
今度は、望遠系で撮影しバックの簡略化をして撮影をしてみよう......。

パパのお遊びの付き合いの後は、入学祝いや誕生祝いを含めて焼肉屋へご馳走。
大きな出費だったな~!



[PR]
by sarutv | 2016-04-25 22:50 | Distagon CFE40/F4.0 | Comments(0)
α7Ⅱに Distagon CFE40mm F4 T* 桜を撮ってみた
開花宣言されてから、初の週末になり近くのいつもの桜並木に行ってみた。さすがに家族連れの散策者が沢山いた。今日、持ち出した機材は、
d0349141_22034053.jpg
d0349141_22040539.jpg
SONY α7ⅡHASSELBLAD Distagon CFE40mm F4 T*を付けてみた。
このレンズは、単体だけでも900g以上ある。それにアダプターを2つとグリップで1.8㎏。
今日は、一日曇り空。桜と青空で撮りたかったが......。
d0349141_22275969.jpg
開花状況は、8分咲きといったところでしょうか。いつも通り、子供たちも連れて.......。
d0349141_22220556.jpg
桜に囲まれたようにと、ある上に乗って撮影。あれ~、頭...... 寝癖??? あららっ!
お兄ちゃんは、高い場所が苦手なのか少しビビッていたようだ。
d0349141_22025630.jpg
怖くて、枝を持っている。情けない奴だ。
この後に、祭り出店の商品(たこ焼きや綿あめ)を買わされる羽目になったのは、言うまでもない。次男曰く、「パパ、僕、頑張ったから いいでしょ」だって!
菜の花込の桜も1カット。
d0349141_22024547.jpg
ISO125 SP1/60 f8.0。↑ この写真だけは、CONTAX Makro-Planar T* 100mm F2.8 AEを使用している。
明日は、仕事。もうここの桜撮影、今年は最後か....。
そう思うと悲しくなるので、夜桜散歩に出かけた。
d0349141_22392436.jpg
夜の撮影は、昼間より条件が厳しい。
上記写真のパラメーターは、ISO6400 SP1/8 f11 一脚使用。画質のザラザラ感は仕方がない。
ライトアップされている桜を、ISO1600で撮影した。↓
d0349141_22400141.jpg
          ISO1600 SP1/25 f5.6
d0349141_22394482.jpg

               ISO1600 SP1/4 f5.6 
雰囲気が伝われば、いいかなと思う。

明日も、仕事で時間があったら、都内の桜をゆっくり見ようかな。


[PR]
by sarutv | 2016-04-02 22:49 | Distagon CFE40/F4.0 | Comments(0)
α7Ⅱ+ハッセルブラッドCFE40mm F4とFE250mm F4
数か月振りに、CFE40mmを防湿庫から持ち出した。17日にSWC903を持って銀座に行き日曜日(21日)も40mm持って行く為だ。
d0349141_00281274.jpg
やはり、α7ⅡにαEマウント→Y/C→ハッセルV→CFE40mm、重い。
d0349141_00270135.jpg
d0349141_00265785.jpg
d0349141_00270479.jpg
あまりにレンズが重いので、SONYボディのマウントがもつかが心配。

銀座に行く前は、FE250mmに×1.4のテレコンを付けて子供のサッカー練習を撮影してみた。野外でのこのスタイルの撮影は、お初になる。
d0349141_00504612.jpg
d0349141_00504892.jpg
d0349141_11332554.jpg
  (α7Ⅱにx1.4テレコンとFE250mmを装着して、サッカー練習を撮影)
野外のスポーツを撮影してみて、ハッセルレンズのフォーカスが35mm用レンズより重い。上記写真2枚は、シャッタースピードを1/400と絞りをf8固定にし、ISOの変動で適正露光を行った。ISOは、320と800であった。
動いているので、ベストピントはなかなか出せない。フォーカスピーキングが逆に見難くしている感じであった。f8でも深度が狭くf16まで絞ってもいいような気がした。
いずれにせよ、1脚使用してもこの状態では、更なる熟練が必要と感じるテスト撮影であった。
ガッカリしたので、もう寝よう。


[PR]
by sarutv | 2016-02-22 01:00 | Distagon CFE40/F4.0 | Comments(0)
Distagon CFE 40mm F4.0 FLE
このレンズは、長く探したが出没しなかったので、SWC903に手を出した。
しかし、こういう事は 入手すると探していたものが出てくるんですよね~。
都内で開催される、世界カメラ中古市へ足を運ぶ事が多いのですが、見つけちゃったんですよね~。その後、どうしたかって?
ありゃ~ 聞いちゃう?
d0349141_22554875.jpg
手に入れちゃったんですよ~~。無理しちゃいましたけど!
この会場は、怖いですよ~~ ホント......。
この商品の後に、Distagon CFE 40mm F4.0 IFが出ているけど、結構なお値段。
インナーフォーカスは、角フードを付けてもリングが回らないし性能も向上しているようだ。2本あれば、撮り比べができ差はわかるが素人の私はは、これで十分。
38mmと40mm、差は2mmしかないが望遠寄りと広角寄りでは、広角寄りの方が1mmの差が大きく変化する。
d0349141_22555828.jpg
入手レンズには、焦点調節機構フローティングレンズエレメント(FLE:レンズ系の一部を移動させて結像特性の向上)が採用されているが、まだその画質テスト撮影は行っていない。
フォーカルプレーンつまり、200シリーズ用ワイドレンズはこれが一番のワイド系レンズになる。
正直SWC903の方が、使用率が高くこの子も使ってあげないと可哀そうな気がするが、結構重いですよね~。
桜の季節になったら....................。

 ハッセルのレンズは、これまでに紹介した本数しか持っていない。
いつまで、使い続けるかは不明だが................。

            では、 お・や・す・み・な・さ・い・!!

[PR]
by sarutv | 2016-02-09 23:51 | Distagon CFE40/F4.0 | Comments(2)
  

Zeissレンズを好んで.... 最近は、ライカにも.....
by saruyama
プロフィールを見る