カテゴリ:SWC903( 12 )
思い出
何気なく、パソコンで過去の写真を見ていた。
生前、お袋と行った富良野のラベンダー園。喜んでたな~。
そうだ、最近1年程903を使ってないから、使ってみるか。でも明日は、仕事だな!
d0349141_23430736.jpg
Hasselblad SWC903+CFV ISO100しかパラメータがな~い!

[PR]
by sarutv | 2017-03-24 23:47 | SWC903 | Comments(2)
見慣れた風景
明日は雪降るのか?
d0349141_23145634.jpg
   ▲Hasselblad SWC903 Biogon38mm f4.5 + CFV  f/5.6 SP1/? ISO100

[PR]
by sarutv | 2017-02-08 23:17 | SWC903 | Comments(0)
春はそこまで....
最近の気温は高い......。
散歩してたら、梅?が咲いていた。来週、また冷え込むんだよね~!
d0349141_00405722.jpg
    ▲Hasselblad SWC903 Biogon38mm f4.5 + CFV  f/5.6 SP1/30 ISO100
[PR]
by sarutv | 2017-01-29 00:44 | SWC903 | Comments(0)
SWC903を持って....
903を持って、近所を自転車で散策してみた。
今まで気が付かなかった、喫茶店を目にした。
d0349141_17233373.jpg
▲Hasselblad SWC903 Biogon38mm f4.5 + CFV  f/5.6 SP1/30 ISO100

[PR]
by sarutv | 2017-01-26 20:43 | SWC903 | Comments(0)
お散歩撮り比べ SWC903
また、今日もお休み。独りぼっち!
防湿庫の奥から、SWC903を引っ張り出してきた。1年ぶりに触るかも~~。
d0349141_12333428.jpg
軽いSWCにいろいろゴチャゴチャ装備したカメラである。
これを持って近所、お散歩だ。
昨日、家の近くで火災があったらしい。子供が一部始終見ていたが、トラウマにならなきゃいいけど.......。取りあえず、そこの横を通って....現場検証中であった。
d0349141_12334534.jpg
      ▲Hasselblad SWC903 Biogon38/4.5+CFV  f/7 SP1/250 ISO100
d0349141_12334171.jpg
     ▲α7Ⅱ+Summaron 35mm f2.8 f/7 SP1/160 ISO100
d0349141_12335278.jpg
      ▲Hasselblad SWC903 Biogon38/4.5+CFV  f/7 SP1/250 ISO100
d0349141_12334824.jpg
     ▲α7Ⅱ+Summaron 35mm f2.8 f/7 SP1/160 ISO100
SWC903とα7Ⅱとで、撮り比べてみたがブログ上だと圧縮されてしまうので、違いが良くわからないかもしれない。
久々に903を使ってみたが、メンドクサイ!!!
これだと、X1Dの運用の方が断然楽である。
今でもこれを使うのは、ある意味病気???


[PR]
by sarutv | 2017-01-26 12:47 | SWC903 | Comments(0)
SWC903 Focusing Screen Adapter SWC 付けてみた

 昨日は、ほとんど雨が降っていた。買い出しで、家族サービス?をした。
空いた時間に、カメラを触ってみた。

先日の中古市で、Focusing Screen Adapter SWCを入手した。
ハッセルブラッドSWCシリーズは、目測によりピント合わせの為、精度的な不安がある。その為、正確な距離を得る為に距離計を入手したり何やかんやで付属部品が必要になり軽量カメラが重くなってしまったのは、私のカメラである。↓

d0349141_00182899.jpg
ハッセルから便利なアクセサリーが出ているのは知っていたが、なかなか見つからず、先日お手頃価格で入手したのはラッキーなお話。
SWC用のアクセサリーでアキュート方眼スプリットを取り付けた際は、一眼レフのように目的被写体に対して、正確なピント合わせが可能となる。
方眼タイプなので、画像の垂直水平方向ならびにCFVでの撮影可能範囲の確認が容易にできる。
☆フォーカシングフードを付けてみた。あえて上下逆に装着してみた。↓
d0349141_00170012.jpg
d0349141_00165606.jpg
☆PME51を装着してみた。↓
d0349141_00164487.jpg
d0349141_00164745.jpg
Focusing Screen Adapter SWCを使用の際は、三脚撮影が条件になるだろう。
しかも、撮影手順がかなり増える。じっとゆっくり構えて撮影する場合は、かなり有効手段である。.....めんどくさいけど。。。。。

①ボディについているフィルムバックを外す。
②ボディにFocusing Screen Adapter SWCを取り付ける。
③フォーカシングフードか、プリズムファインダーを取り付ける。
④シャッターをバルブロックにして、画像確認。
④ここから覗いた画像は、天地左右が逆像に移る。
⑤目的被写体に、フォーカス(ピント)を合わせる。
⑥ボディからFocusing Screen Adapter SWCを取り外す。
⑦フィルムバック(デジパック)を取り付ける。
⑧撮影を行う。
注:⑤で合わせたピントは、交換作業中にフォーカスリングに
 触れてずらさないように。
~触った感想~
映し出される画像がワイドなので、拡大ルーペがあったほうがフォーカスは合わせやすい。手前に花があり遠景を入れ込んだ撮影のような場合は、是非使ってみたいと思う。手間暇かかる撮影だが、出来上がりも期待できそうである。
これにはスクリーン側のカバーケースが無い。下記写真左側は、CFV用のケース。

d0349141_00170575.jpg
d0349141_00170725.jpg
この様なものが、あればいいかも。 また、探さなくちゃ......ないよな~~~。

明日は、晴れて有楽町に行けるかな????


[PR]
by sarutv | 2016-02-21 00:32 | SWC903 | Comments(0)
SWC903  カスタマイズ②
SWC903+CFVを使用する際、三脚を使用した撮影ができないので、バッテリーの厚さよりスペースを確保する必要がある。
.................そうだ!!   嵩を上げれば、いいんだっ!!
 どうやって????
仕事関連業者でいろいろ探して.......
スターテック様だ。
担当者と何回か会い、図面を起こし思考錯誤しながら出来た商品がある。
それが【SWC900シリーズ ピローアダプタKY】である。
d0349141_15511294.jpg
    上写真左がそれになる。   ↑右が、ハッセルブラッド純正アダプター。
SWC903のボディ下のアタッチメントを外したら、このSWC900シリーズ ピローアダプターKYを固定し、外した順の逆からプレートを装着していく。
d0349141_15522929.jpg
            (オレンジ丸印が、ネジ固定場所)
このSWC900シリーズ ピローアダプターKYは、903と905には装着できるが、SWC/M以前の機種については、ボディのプレート固定ネジがカメラの内側からになる為、取付する事はできない。
中央の大きな丸の空洞は、軽量化の為に開いているが強度的に問題なし。
d0349141_15501568.jpg
         ↑純正アダプターを取り付けた場合の、装着例
d0349141_16014036.jpg
     ↑SWC900シリーズ ピローアダプターKYを取り付けた、マイカメラ。
どちらが、見かけが良いかは個々の受け止め方次第だろう。

また、このSWC900シリーズ ピローアダプターKYは、販売する事になった。
mukカメラサービスさんにて手に入れる事ができる。
・HPは、http://blog.monouri.net/archives/h_swc.html 
・メール連絡は、こちら→ xrobomaru@yuchica.com 小菅様宛
・こちらでも、紹介しています。覗いてみて下さい。
http://www.photobb.net/bbs.cgi?id=120088&code=770&action=edit&pid=&pline=0  

これ以降から、マウントアダプター系に関して等の相談ごとに、MUK様にお世話になっている。
d0349141_16133438.jpg
    ↑デジパック付きのSWC903が、三脚使用して撮影ができるようになった。
d0349141_16133061.jpg
    ↑私の903のカスタマイズは、ここで終わるかも..............。

この、SWC900シリーズ ピローアダプターKYの商品のお問い合わせは、この下のコメント欄に記載して頂ければ、対応致します。

   
                    今日の、ブログ投稿は疲れた~~~!

[PR]
by sarutv | 2016-02-05 16:21 | SWC903 | Comments(0)
SWC903とCFVシリーズ
今日は、お休みだ。
 
 過去01月24日の投稿に記載したが、ハッセル用デジタルパック:CFV-16を入手しSWC903に装着して写真を撮影したいと思ったが、大きな問題が発生。
何とデジタルパックは装着できても、それを駆動させるバッテリーが装着できない。
このバッテリーは、SONY製のNP-F570である。
       (↓バッテリーの厚さが、スペースの厚さより狭い為。)
d0349141_15095470.jpg
ハッセル純正品でバッテリーアダプターは商品として発売されているが、お尻方向が持ち上がる状態でレンズ方向がしたに向いてしまう。それに、お値段もいい。
...かといって、プレート半分を切断する方法もあるようだが、それはしたくない。
d0349141_15135275.jpg
 取り合えず、SWC903でCFVを使って撮影する場合は、ボディ側の三脚プレートを外して手持ち限定での撮影になる。(オレンジ丸のネジを全部、外す)
d0349141_15124899.jpg
三脚使用しての撮影は、出来ない。
このままでは、支障があるので新たに対策を考えることとなる。

[PR]
by sarutv | 2016-02-05 15:16 | SWC903 | Comments(0)
SWC903  カスタマイズ ①
入手したSWC903は、目測式カメラなので自分なりにカスタマイズしたくなって。
その手始めは、距離計。
距離計には、レーザー式・極超音波・赤外光波・レンジファインダー(光学視差式距離計)と種類は多いが、今回の目的は測量でないので光学視差式距離計を選ぶ事にした。
そうとくれば、ライカ距離計がピンと来たので、ライカ 縦型距離計 FOKOSを選択するが、現行品でない為、都内のお店回りをする。
d0349141_22585282.jpg
発売時期は、戦後の1960年代頃なので程度の良い物は中々見当たらない。
また、映像の入力部分でもあるので、実物を手に取って確かめて購入した。
これを、ホットシューに付けたらファインダーが付けられない。
そこで、昔お世話にになったお店に.......。
http://www.avis.ne.jp/~ymmtca/orizinarusyouhinn.htm
d0349141_23000074.jpg
ダブルシューアダプターと言って、この店オリジナル品で真鍮製で作られている。
ただ、これを付けても高さが嵩むので、ファインダーを少し下に向ける必要があるので、CANON FinderCouplerを見つけて装着する。角度調整が出来るステーみたいな物であり、大変便利である。
d0349141_23000980.jpg
ファインダーは、安価な35mm程の物を入手し2連状態にした。
ただ、見やすさに問題があり最終的にCONTAX GF21mmのファインダーに切り替え、正方形にマスキングを施した。これだと、距離計とファインダーの視野移動が簡単に行える。因みに、SWC用は、覗く部分が距離計とファインダー窓の前後差があり、距離計が見にくくなるので使用しない。
d0349141_23173057.jpg
↓ GF21mmの前面にCFV用サイズ印を、マスキング。
d0349141_23155953.jpg
全て、取り付けたのが、こちら。↓
d0349141_23181000.jpg
d0349141_23181518.jpg
これで、改善されたが次の問題が........................。

それは、次回に。(カスタマイズ②)
明日は、4時30分に起床。もう、寝ます。
                   ・・・・・・・・・・おやすみなさい!



[PR]
by sarutv | 2016-02-03 23:22 | SWC903 | Comments(0)
SWC903
今日は、晴天。
幼稚園は、10人近くがインフルエンザで、学級閉鎖で休みみたいだ。
子供がうるさいから、素材撮影は外で行う。

ハッセルのDistagon FE50mmF2.8よりFEシリーズでワイド系といえば
Distagon CFE40mm F4 IFとDistagon CFE40mm F4 FLEがある。
捜索開始したのは、2年前。
なかなかこのレンズは、市場には出てこないレンズである。
オークションではもってのほか。お店周りをしても、ない・ないの連声。
世界の中古カメラフェアが、都内で年3回程実施されるが、とあるお店がかなりの格安にて出す予定記事があった。客寄せ商品?。勿論、私も足を運んだが既に売り切れであった。

暫し期間が過ぎて、SWC903が格安にて販売されているHPを見つけた。
即、電話予約をして後日、その店に向かった。PHOTO-OFFICE-CLIQUEさんだ。
d0349141_11101922.jpg
今でも、情報入手等でお世話になっている。

表示メモリの擦れとかがあり、決して美品というレベルではないが、しっかり整備されているので入手に至った。(2015年11月12日時、ブログ開設したカメラを紹介したのがこのカメラになる。)
このカメラは、1988年~2000年に発売されていて、レンズはbiogon 38mm f4.5が付いているがレンズ交換はできない。レンズ付きカメラのイメージと想像してもらえばいいかも。レンズの後玉とフィルム面(CCD面)が、短い為にミラーが無い。
d0349141_11102577.jpg
ミラーを返しての構図確認やフォーカス合わせやが出来ないので、目測式カメラとなる。今までずっと、フォーカルプレーンタイプカメラに慣れている為、使用にあたってはかなり使いずらい仕様となる。
だが、そこまでして使いたいのには理由があり、歪曲収差が小さく画面の4角まで見ても像の流れ等がなく綺麗に描写してくれるからだ。
因みに、このレンズだと35mm判換算で約21mmになる。
CFVで撮影すると、38mmといえども狭い範囲での撮影イメージになる為、標準付近のイメージになる。
d0349141_11415634.jpg
子供たちを、引きずり回してテスト撮影したのが、この写真。↑(昨年4月)
確かに、歪みも光量不足もなく良く描写されている。

このカメラに露出計が無い為、ハッセルブラッドでは電源不要のセレン光式のノブメーターがあり使ってみたが、イマイチだったのでそれを手放し、COSINAのVC-MeterⅡを入手し水準器と共に、レンズフードにネジ固定した。
d0349141_11505403.jpg
更に、目測カメラという事で更に、検討をするが.............それは次回に。

そろそろ、昼飯食べて出勤の準備でもしなきゃ。


[PR]
by sarutv | 2016-02-02 12:00 | SWC903 | Comments(0)
  

Zeissレンズを好んで.... 最近は、ライカにも.....
by saruyama
プロフィールを見る