カテゴリ:Hasselblad ボディ・その他( 36 )
関東で開花宣言だされる!
昨日まで暖かい天候から、本日関東は雨模様であった。そんな中で、全国で最も早く(標本木:靖国神社)桜の開花宣言が出された。全国トップをきっての開花は、9年ぶり。
これから、全国各地の桜開花写真も、沢山UPされていくことだろう。
d0349141_22580138.jpg
因みに、この写真は昨年3月31日撮影の桜である。
▲205TC+ レンズは何だったのだろう? データ不明、あしからず.....

[PR]
by sarutv | 2017-03-21 23:07 | Hasselblad ボディ・その他 | Comments(0)
ついに確保!!
このブログを立ち上げる前は、よくハッセルブラッド205TCCをベースに良く使い撮影していた。FEシリーズであればワイド系のレンズは、T* Distagon CFE 40mm F4 IF かT* Distagon CFE 40mm F4 FLEになる。それよりワイド系については、SWCシリーズになる。

テレ側系は、FE250mmまでしかなく前々からFE350mmを狙っていた。
過去投稿ブログhttp://sarutv.exblog.jp/23568996/
ハッセルシリーズの入手の最後を飾る品物。
捕獲キープできました。
d0349141_22294384.jpg
これで何を撮るかって?
月とかサッカーとか、子供の学校の行事。もったいない??
でも、破格でしたよ.....。
これにより、 LEICA SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPHは、お見送りで~す!

[PR]
by sarutv | 2017-03-21 22:50 | Hasselblad ボディ・その他 | Comments(4)
残念
秋口から飼っていたカマキリが........。
去年は、クリスマスまで頑張っていたのだが......。
d0349141_00211778.jpg
    ▲α7Ⅱ+Extension tube 32E+PlanarFE80mmf2.8 f8 SP1/13 ISO1/3200
顔のUPは、このスタイルで撮影。
d0349141_00213276.jpg
これが、私のハッセルシステムレンズでの、最大のUP写真である。
d0349141_00213673.jpg
    ▲α7Ⅱ+Extension tube 16E+同32E+同56E+PlanarFE80mm f2.8
f4 SP1/60 ISO1/800
夜が明けたら、2連休だ。何やろうかな...................。

[PR]
by sarutv | 2016-12-02 00:33 | Hasselblad ボディ・その他 | Comments(8)
Hasselblad 4116コレクション
ハッセルブラッドはモトローラ社と協力し、「Hasselblad True Zoom」でモバイル・フォトグラフィに革命を起こしす。
「Hasselblad True Zoom」(商品名Moto Mod™)は、モトローラスマートフォンMoto Z対応の10倍光学ズームユニットで簡単にMoto Z にマグネットで取りつけられます。この製品は機械式シャッターやクセノンフラッシュを備え、どんな環境下でもすばらしいディテールを持ったイメージを捉えることができるそうだ。(HPより引用)
都内販売店で、いろいろ確認をしてきた。
motoZとは、モトローラのスマートフォンになりキャリアはSIMフリーを使用して使うらしい。
その本体価格は、58093円
d0349141_01075312.jpg
スマホのスペックは、↓
d0349141_01075695.jpg
Hasselblad True Zoomは、
d0349141_01104118.jpg
高額10倍ズームの12メガピクセルカメラである。撮影モードも、夜間・ポートレート・スポーツ・パノラマと9モードある。
d0349141_01111516.jpg
4.5mm-45mm(35mm換算で、25-250mm相当)絞りは、f3.5-6.5。
d0349141_01111294.jpg
リレーズボタンも、コレクションカラーを意識してか、オレンジ色である。
価格は、31104円。(価格はスマホとも10/23現在。〇ッ〇カ〇ラにて)
スペック表は、↓
d0349141_01075002.jpg
6年前のスマホを変えるには、MNPにしてキャリアメールを捨てなければ、いけない。
さあ、どうする...................????




[PR]
by sarutv | 2016-10-24 01:33 | Hasselblad ボディ・その他 | Comments(0)
HASSELBLAD F350mmを試写
先日、とあるお店にHASSELBLAD F350mm f4.0が置いてあり試写させて頂いた。
205TCCには電子パス信号を受け渡しするための、接点が設けられているが、F350mmは、電子接点のないタイプになる。
だが、α7Ⅱなどにマウントアダプター経由で撮影する場合は、接点は必要なくなる。でも、自分の欲しいレンズは、FE350mmであるがレンズ構成はあまり変更がないので、描写確認の為に試写させて頂いたものである。
さすがに、重い。ちょうど2000gである。(下記写真は、カタログよりFE350mmになる。)
d0349141_22062168.jpg
手持ちで撮影してみた。
d0349141_22094143.jpg
      ▲α7Ⅱ+Tele-Tessar F350mm f4.0 T* ☞ f/4.0 SP1/100 ISO100
なかなか、いい描写である。原版でみると若干の色滲みがみられるが........。
絞り変えて、同じ被写体を7狙ってみた。
d0349141_22094793.jpg
      ▲α7Ⅱ+Tele-Tessar F350mm f4.0 T* ☞ f/4.0 SP1/400 ISO100
d0349141_22095342.jpg
       ▲α7Ⅱ+Tele-Tessar F350mm f4.0 T* ☞ f/8.0 SP1/125 ISO100
お店に出ての試写であったが、もっと沢山撮影すれば良かった。ボケ方も、不自然でなく好きである。
やはり、ライカレンズに手を出して、ますますこのレンズの入手が遠ざかってしまう.....。
もうすぐ、子供の音楽会もあるんだけどな~~~~!
明日から、西日本へ出張だ。
暫く、ブログ投稿は一休みになる。(おそらく26日まで?!!)

[PR]
by sarutv | 2016-10-22 22:32 | Hasselblad ボディ・その他 | Comments(0)
hasselblad X1D-50c に触れて

6月22日にライブ配信で、hasselblad社は中判デジタルの機能をミラーレスと融合した世界初のカメラX1Dを発表した。あれから、4ヶ月その正体を見に行って触れてきた。

d0349141_08473201.jpg
d0349141_08474551.jpg
まず実物を見て。。。
・小さくてコンパクトの仕上がり
 勿論、中判ミラーレスカメラということでボディの重さは725g。
 自分の205TCCにデジパックやPMを付けた2㎏を大きく下回る。
・3型の液晶モニターでタッチパネル方式。
d0349141_08492504.jpg
 現在のスマホのアプリと同じ感覚でそれぞれの設定や画像確認ができる。

・センサーサイズは、43.8×32.9mmでフルサイズセンサーと比較しても約1.66倍大きい。センサ―は、〇〇〇熊本テクノロジーセンターで生産のCMOSセンサーを採用している。

d0349141_08470675.jpg
・中判でのオートフォーカスミラーレス機は、片手で撮影可能。(スナップ撮影に有効?)
・連続撮影枚数が最高約2.3コマ/秒ですので、スポーツ撮影には厳しいかも。
・記録メディアのスロットは、SDカードが2枚(現在32Gと16G メディアが推奨らしい)あるが、CFの実装の方が書き込みが速いと思われるが、スペース上で却下か...
d0349141_08515547.jpg
 ↑H部分を開けると、デュアルスロットがある
・レンズシャッターで1/2000秒まで全速ストロボシンクロ同調しニコンのストロボと互換があるらしい。(ニコンユーザーでないので、使用機器などの詳細は不明)

・まずは、XCDレンズは45mm F3.5と90mm F3.2の2本から...。

d0349141_23430353.jpg
シャッターボタンが、オレンジでおしゃれに演出。4116コレクションのイメージカラー(?)オレンジを採用??
d0349141_09005659.jpg
プログラム選択ボタンは、ボタンプッシュでロックに。上記はロック状態、下記は
Free状態。
d0349141_09025132.jpg
ボディ手前側の横ダイヤルは、シャッター等の変更ダイヤル。↓
d0349141_09040050.jpg
ボディ全面側(レンズ側)の横ダイヤルは、絞り等の変更ダイヤル。↓
d0349141_09051897.jpg
=== 感想 ===
感想については、私個人の意見として述べているので、参考になるかは......。

 現在、日本国内にて販売されているミラーレス機と同じ感覚を持ってはダメ。
っというのも、日本製品については様々な機能が小さいボディに凝縮されているが、舶来物については基本素晴らしい写真が撮影できればいいという造りに感じる。
例を上げるとするなら、某カメラみたいに防振機能は搭載していない。
AWBもない。その場の光をみて、個々に選択。
レンズ本体にフォーカスのAF・MUNの切り替えは無い。等々。
因みに、マニュアル時フォーカス合わせについての拡大させるボタンはあるが、リレーズボタン半押しでは解除されない。その拡大された画像は防振が無い為、残像が残る様な感じで酔ってしまう。(目が疲れる)
液晶のビュー画面への立ち上がりが遅く、ストレスを感じてしまう。

ただ、批判するわけではないが、この機能を十分自分の中で理解し納得すれば、コンパクトであり高画質であのだから、素晴らしい写真撮影の道具として最高の機材であるかと感じる。
d0349141_09205225.jpg
僕の手に収まるのは、いつの日の事か........。
  (まだ、205TCCが現役だし......)


[PR]
by sarutv | 2016-10-21 09:22 | Hasselblad ボディ・その他 | Comments(0)
ハッセルブラッド ジャパン、タッチ&トライに行ってみた! X1D-50c
9連勤の後のお休み。空いている時間に原宿へ行った。
原宿と言えば、私にとってはハッセルブラッドジャパンさんがある場所だとしか思い浮かばない。この街は、若者が多く歩いている。
d0349141_23292905.jpg
▲α7Ⅱ+Distagon CFE40mm F4 FLE ☞ f8 1/500 ISO100
表参道へも近いが、そちらの方向でなく、ちょっとした裏通りに..........↓
d0349141_23293868.jpg
▲α7Ⅱ+Distagon CFE40mm F4 FLE ☞ f8 1/500 ISO100
X1D-50cのポスターがあるハッセルブラッドジャパンさんがある。最近の私は、ライカレンズに興味を持っていたので、久々の訪れである。
d0349141_23420149.jpg
▲α7Ⅱ+ELMAR-M 24 mm F3.8 ASPH ☞ f5.6 1/60 ISO400
店内は、こんな感じ。
えっ!!なぜELMAR-M 24 mmで店内撮影してるの???
saruyama氏は、Elmarit-M 24mm F2.8 ASPH じゃないの?っと突っ込む方がいたら、鋭いと思う。
実は同じ会場に、ライカカメラを持っていたお客さんが、いらっしゃりお借りし撮影した写真なのである。やはり、Elmar-M 24mm f3.8とElmarit-M24mm F2.8、カメラの液晶を見て描写の違いをすぐに感じてしまった。ヤバい!!!
因みに、外観2枚は、HASSELBLAD Distagon CFE40mm F4 FLEのレンズでの撮影なので、レンズの中心部を使用しての撮影なので、周辺ボケや色にじみ、光量減光はわずかである。ただ、916gと重いけど.......。
d0349141_23430353.jpg
▲α7Ⅱ+Distagon CFE40mm F4 FLE ☞ f5.6 1/4 ISO100
X1D-50cが2台あった。それぞれのボディには、下記レンズが装着されていた。
・XCD 45mm f3.5 レンズ構成 9枚/7群 417g
・XCD 90mm f3.2 レンズ構成10枚/8群 619 g
・ボデイは、725g。
実際、触らせてもらった。90mm装着して1.3kg程。勿論、片手で持てる軽さである。(↓saruyama)
d0349141_23431063.jpg
▲α7Ⅱ+Summaron 35mm f2.8 ☞ f5.6 1/60 ISO3200
明日もお休みなので、体験リポをしたいと思う。


[PR]
by sarutv | 2016-10-20 23:45 | Hasselblad ボディ・その他 | Comments(2)
ポチッた!  格安PROFLASH4504をGET!
Metz 45 CL-4 はハッセルブラッド専用で使っていたが、調子が悪くたまたまオークションを見ていたら、それと似たものがめちゃ安く出品されてた。HASEEELBLADではPROFLASH4504(写真右)として出ていた。
その荷物が、本日届いた。
d0349141_15372733.jpg
          ▲右がMetz 45 CL-4 左がPROFLASH4504
これは、MetzがHasselblad用向けにに供給された品物でロゴ以外は、ほとんど45CL-4と変わらない。違うのは、TTLシンクロケーブル差し口がある位。
d0349141_15373047.jpg
上記写真右のPROFLASH4504のサイドに6ピンの端子があるが、ケーブルをボディに挿せばOK物。
背面の操作系も、変わらず.....。ただ、名前が違うだけ。
d0349141_15373392.jpg
         ▲右がMetz 45 CL-4 左がPROFLASH4504
205TCCでは、このストロボ以外にD-flash 40を使用していたが、今は家にて修理出荷待ち状態。因みにそいつの中味はミノルタ?製だったような.........。

実際の装着スタイルは、........ ↓
d0349141_15373650.jpg
かなり重い装備になる。ケーブルはMetz 45 CL-4用なので、ホットシューも利用(固定のみ)変換して使う。
いずれにせよ、修理に出せば万越えがタバコ2つ位でGETは、お得であった。
.........が、このスタイルでいつ写真を撮りに行くのだろうか????

[PR]
by sarutv | 2016-09-22 15:50 | Hasselblad ボディ・その他 | Comments(0)
ハッセルブラッド 4116コレクション
hasselblad officialは、75周年を祝福する為に、『4116コレクション』という名のもと、新たな商品が発売されるそうだ。(ただ、国内では予定ないが......)
d0349141_10041161.png
携帯に写真のハッセルブラッドtrue ズーム10 倍光学ズームをモトmodと合体するモトスマートフォンらしく、ハッセルブラッド真ズームによってモバイルの写真撮影に革命をもたらすらしい。
d0349141_10042022.jpg
ハッセルブラッドがこれらのユニークさで、肖像のデザインと想像経験をモバイルのスペースにもたらしていくようだ。尚、写真データはRAWフォーマットで、ハッセルブラッドの自身の想像ソフトウェアにて編集できる。
d0349141_10041646.jpg
単体では使用できず、
d0349141_10472613.jpg
モトローラブランドの新型フラグシップスマホ「Moto Z」および「Moto Z Force」に付けて使用するのか......。この発売時期ですが、グローバルでは9月を予定しているが、日本市場に関しては、現在のところ未定のようだ。
Moto Modsも早めの日本導入を期待したい。
初めて、ハッセルブラッドがこのユニークさで、肖像のデザイン及び想像経験をモバイルのジャンルに飛び込んできたが、最近のハッセルブラッドの方向性に悩むとこだ。



[PR]
by sarutv | 2016-09-01 10:19 | Hasselblad ボディ・その他 | Comments(0)
やばい! 200シリーズ、修理受付しゅうりょ~~~!
ハッセルジャパンからこんな連絡が.......

<修理受付終了製品についてのお知らせ>

日頃よりご愛用いただいております下記製品につきましては、修理部品の在庫払底にともない修理受付を終了させていただきます。

【2016年8月23日より修理受付終了製品】...
200シリーズ (フォーカルプレーンVシステムカメラボディ)
205TCC・203FE・201F・205FCC・202FA
※尚CFVデジタルバック対応への改造は受付を行っております。

不具合内容によっては部分的修理可能な場合もございますので、
ハッセルブラッド・ジャパンまでご相談ください。

長年にわたるご愛願に感謝を申し上げますとともに、今後も弊社製品を
ご愛用くださいますよう、重ねてお願い申し上げます。

d0349141_00545243.jpg
ですって。
こんな、連絡がきた。ヤバいです...................。
d0349141_01075451.jpg
今後は、壊れた場合は、兵庫送りか~~~!
壊れないでいてくれよっ!!!


[PR]
by sarutv | 2016-08-24 00:57 | Hasselblad ボディ・その他 | Comments(0)
  

Zeissレンズを好んで.... 最近は、ライカにも.....
by saruyama
プロフィールを見る